Shopping Cart

カート内に製品がありません。

Made in France photo

追憶の家:情熱と伝達の物語

ジェラルディーヌ・ドゥレットルは、創造性とフランスの職人技への愛情に突き動かされ、レミニセンス・ホームを設立した。 彼の作品はどれも詩的なビジョンから生まれている。 アトリエでは、石膏のモデリングや樹脂の彫刻を行い、子供時代の甘い思い出を吹き込んでいる。 その結果、時代を超越したフェミニンな曲線を持つオブジェが生まれた。 リモージュ磁器のオブジェは、メゾンが創業以来提携しているIGPリモージュのラベルが貼られた工場で、そのモデルを作る職人の手によって命を吹き込まれる。 だから、それぞれの作品がユニークなんだ。

家庭をルーツ、交流、伝達の場にする

ジェラルディーヌ・ドゥレットルは長年、建築工学の分野で世界中を飛び回っていた。 それは、訪れた大陸の文化と美しさによって豊かになる。 絵画や彫刻を通して追求する芸術や素材への魅力が、彼女の創造意欲をかき立てている。

この人生経験によって、彼は住宅に関する千差万別の観念を発見することができた。 根を下ろし、羽ばたくことのできる、温かく迎え入れてくれる家の重要性は、日々明らかになる。

フランスに帰国後、彼女は新たなプロジェクトに着手した。日常生活の詩からインスピレーションを得たリモージュ磁器のオブジェを制作するのだ。 彼の作品のひとつひとつが、家をルーツ、交流、伝達の場とすることに貢献している。 最も重要なのは、完璧であることではなく、その中で安らぎを感じられることだ。

詩的なビジョンを実現するために、要素を手なずけることを学ぶ

独学のジェラルディーヌ・デレトルは、石膏モデリングで何年も修業を積んだ。 彼の根気強さは、次第に土、水、空気、火を手なずけることを可能にし、後にリモージュ磁器のユニークなオブジェとなる試作品に命を吹き込んだ。

彼のクリエイティビティが前面に出るのは、プロトタイプの制作においてである。 完璧なバランスを追求する中で、彼女は磁器の光、素材の収縮、火の息吹を捉えることに気を配りながら、ボリュームを渦巻かせ、レタッチし、隠れた補強を施す。 石膏はデリケートな素材だ。 それは作業するのは楽しいが、彫刻家、スタッフ、建具職人、モデラー、さらには化学者やエンジニアのスキルを必要とする。 完全で魅力的な芸術だ。

人生を物語るオブジェを作る

2022年4月より、レミニセンス・ホームはリモージュ磁器製の照明器具、食器、装飾アクセサリーを展開している。 時代を超越したフェミニンな曲線を描くジェラルディーヌ・デレトルの作品は、時の試練に耐え、決して流行遅れにならないようデザインされている。 そのデザインは、妖艶なフォルムとヴィンテージのインスピレーションから生み出されている。 日常生活のシンプルさ、耐久性、流行からの解放を連想させる。

“私はシンプルさと人間の温かさが大好きです。誰も完璧ではないけれど、みんながお互いを完璧に補い合う、喜びと笑いに満ちた家。ポーセラーツは日曜の食事だけでなく、友人たちとのアペリティフにもぴったりだ!ジェラルディーヌ・ドゥレットル

Notre savoir faire en image
Photographie Géraldine Delettre

「シンプルで人間的な温かさが大好きです。完璧な人はいないけど、みんながお互いを完璧に補い合う、喜びと笑いに満ちた家です。ポーセラーツは日曜の食事だけでなく、友人たちとの食前酒にもぴったりだ!

Reminiscence 110923©VincentGerbet 28 copie

持続可能な開発へのコミットメント

創業以来、レミニセンス・ホームはIGPリモージュのラベルを持つ工場に製造を委託している。 リビング・ヘリテージの技術を駆使し、伝統的な手法でひとつひとつ手作りされている。

製造と流通の各段階において、パタゴニアは労働者の権利と環境の尊重を徹底しています。