Shopping Cart

カート内に製品がありません。

白磁プレート

エレガントで時代を超越したデザインのリモージュ白磁プレートは、代々受け継がれてきました。 レミニセンス・ホームでは、古くからの専門技術を駆使し、ひとつひとつ丁寧に手作業で彫刻、モデリング、鋳造、エナメル加工を行っています。 ウィングプレート、スーププレート、デザートプレートなど、どれもエレガントでシック。

仕上げ

フラットプレートを選ぶ

ホワイト、エベンブラック、レモンイエロー、アブソリュートオレンジ、デニムブルーなど、無地でも飾り付きでも、フルーテッドエッジのプレートはテーブルやカウンター、ピクニックのテーブルクロスなど、大小さまざまなシーンを華やかに彩ります。 時代を超越したデザインのリモージュ磁器のお皿は、あらゆる年代の子どもたちの心をときめかせることでしょう。 半透明できらめく色合いは、シンプルな料理にも魅力を与え、ゲストの食欲をそそるのに最適です! 毎日の幸せな瞬間に寄り添うようにデザインされているので、食器棚の上で長く眠らせないように…。

品質と美学を融合させた食器デザイン

レミニセンス ホームは、陶磁器を食器棚から取り出し、幸せなひとときに寄り添うテーブルウェアのコレクションをお届けします。 ー水割りでもーフルーティーなーカクテルーコーヒーーオレンジ絞りーなどーこれらのーこれらのーこれらのーこれらのーこれらのーこのー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割り、ー水割りー 何よりもまず、ポーセラーツと食卓文化に対する愛の宣言だ。 また、磁器のディナーサービス「フェリシテ」と「アビガエル」は、“リモージュ磁器“のブレードで食卓に輝きを添える。

タンブラーにしても、美しい磁器プレートにしても、ヴィンテージの個性がどんなテーブル・デコレーションにもマッチする。 レミニセンス ホームのきらめくリモージュ磁器の食器は、非の打ちどころのない品質で、どんな温度にも耐えられます。

スタイリッシュなおもてなし

ジェラルディーヌ・ドゥレットルがデザインしたこの磁器サービスは、さまざまな色の白いゴブレットとディナープレートで構成され、縁にはエナメル加工が施され、控えめながらエレガントな雰囲気を醸し出している。 友人とのアペリティフ、末っ子の誕生日、家族とのブランチ、庭でのピクニック、水曜日のマカロニなど、現代的で回帰的な磁器のサービスは、いつでもスタイリッシュです。

このセットさえあれば、ディナーに最高のお料理をふるまったり、切り花をあしらったセンターピースで夜を華やかに彩ることができる。

あらゆる瞬間のための皿:

食卓の芸術は分かち合いの芸術となる!

洗練された贈り物に最適なプレート

もちろん、どれもあなたにとって大切なものだろうし、結婚式のギフトリストや、愛する人に贈る素敵なプレゼントにもなるだろう。 ベルベットのような手触りと扱いやすさで、お気に入りの食器になること間違いなし。

磁器の食器はユニークでオリジナルだ。 他のプレートとは一線を画す特別なスタイルで作られている。 厨房を紹介し、最高の状態で料理を提供し、試食も奨励する。

直径の異なるプレートで、あらゆる好みに対応:

  • 磁器プレート 27cm
  • ディナープレート 20cm、23cm、26cm

幸運な受取人は、特別な日に料理を贈るために長く使うことができる。

REMINISCENCE HOMEのかわいらしく、回帰的なカップやプレートはすべて手作り。 私たちの製品はひとつひとつがユニークで、非常に特殊な伝統技法で手描きされています。 食器は2度焼きされ、熱や機械的衝撃から保護され、並外れた耐性を持つ。 当社の釉薬は、規定に従って食品製造に適しています。

フランスではデザインから流通まで

照明器具から皿に至るまで、当社の磁器製品はすべてフランスで製造・装飾され、当社の仕様に準拠しています。 原材料はフランス産、生産もフランス産、そして流通もフランス産だ。 これらはGIの対象となり、”Porcelaine de Limoges”(リモージュ磁器)の指定を受けている。

レミニセンス ホームの製品を採用することで、フランスの職人による生産を促進し、新しい世代への先祖伝来のノウハウの継承を積極的に支援することになります。 適切な条件下で、フランス経済、ノウハウ、職人技、そして地元の雇用を支援することになる。

レミニセンス・ホームは、洗練、繊細さ、高級感を兼ね備えたテーブルウェアを製造するフランス初の磁器メーカーのひとつであることを誇りに思っています。

フランスの職人による生産

私たちの皿の物語は、レミニセンス・ホームのモデリング・ワークショップから始まる。 新作の原型はすべて、フランスのパターン・メーカーが手作業で製作している。 デザイン段階の後、プロトタイプから金型が作られる。 その後、最初のオブジェを型に流し込み、仕上げとディテールがジェラルディーヌのビジョンに沿っていることを確認する。

微調整の後、マーキングが施され、「母型」またはマトリックスが設計される。 美観を犠牲にすることなく、焼成を重ねる間に水分の蒸発によって生じる収縮を予測し、最終的な作品よりも大きな比率を計算しなければならないため、その工程はしばしば長く複雑になる。

陶磁器皿のお手入れ

リモージュ磁器は手入れが難しいと誰が言った? 必要なのは、ポーセレンを維持し、毎日クリーニングするための具体的な製品です。 スポンジ(研磨面に注意)か柔らかいブラシと洗剤を使って手洗いするのがベストだ。 食器洗い機、オーブン、冷凍庫、電子レンジに対応している。 その後、布で磁器を乾かす。

ポーセレンの輝きを取り戻すことほど簡単なことはありません! 清潔な布で洗って乾かすだけ。 これが終わったら、コットンにメチル化スピリッツを染み込ませ、磁器を軽くたたく。 そのまま乾燥させ、きれいな乾いた布でこすって光沢を出す。
磁器は時間の経過とともにシミができたり、多孔質になったりします。 例えば、食器にコーヒーや紅茶の跡がついていませんか? 必要なことは以下の通りだ:

  • 洗面器に2リットルの水とコップ1杯の漂白剤を入れ、一晩置く。 あとは翌日、きれいな布ですすいで拭き取るだけだ。 漂白剤を使いすぎると、磁器にダメージを与えてしまうので注意しましょう。
  • シミが小さくてそれほど頑固でない場合は、レモンが役立つかもしれない。 食器にレモンを半分かけるだけ。
  • スポンジに重炭酸ソーダを振りかけ、食器を磨く。 すすいで手で乾かす。
  • 磁器が錆や塗料で汚れている場合は、過酸化水素で汚れを落とします。 水を一滴垂らすだけで十分な場合もあるが、それでもシミが消えない場合は、過酸化水素水に浸す。